銀プラ応援女子会 anecco.ブログ

anecco.day試食商品(3)青なんばんみそっこ胡瓜・のだ塩

2013年2月26日 11:55

ゆ~けぇゆけ~ぇは~ぁっち~ みつばちはっち~~

・・・とは全く関係ありませんが、anecco.のはっちです(笑)

 

さてさて、anecco.day試食商品ブログリレー

前回のごま摺りはせっちからバトンをうけ、

岩手県は花巻市出身・野田村在住の私が

花巻と野田プレゼンツ!anecco.day出場商品をご紹介します!

まずは花巻より

青なんばんみそっこ胡瓜

みそっこ胡瓜.jpg

花巻市のお漬物屋さん「道奥(みちのく)」さんには

とっても美味しいお漬物がい~っぱいflair

 

なかでもこの「青なんばんみそっこ胡瓜」は、

はっち的に格別の美味しさsign03

しょっぱすぎず、甘すぎず、安定感バツグンのお漬物です^^

 

何ともいえない深~い味わいと、ピリッとした辛みで、

白いご飯が進む進む~riceball

少量で、ご飯が何口でもいけます(笑)

 

平成21年には、岩手県の食品賞2冠達成!

《いわて特産品コンクール》岩手県産業貿易振興協会会長賞

《ふるさと食品コンクール》優秀賞

 

う~ん、納得!の、美味しさですhappy02

 

まだ食べたことのない方にも、ぜひ食卓に取り入れていただきたい!

ぜひぜひ、お試しくださいねup

 

----------------

 

お次は野田村から、こちら

のだ塩

s-814.jpg

「えっ、塩って、ただの調味料じゃん。なんでわざわざ試食なんかさせるの。。」

「塩なんだから、ただしょっぱい(塩辛い)だけでしょ~。」

 

…と思ったそこのアナタ!

 

「塩」でも、ちゃんと「味」がするんです!!

 

野田村は年間通して冷涼な気候により、米などができなかったため

(現在は品種改良などにより、米作りが可能)、

塩を作って内陸に運び、穀物などと交換をしていました。

 

南の温暖な地域と違い、天日で水分を蒸発させて塩を採ることが難しいため

「直煮(じきに)製法」により、海水を煮詰めて塩を作っていました。

 

機械などを用いて、効率的な製塩法のもとに大量生産できるようになった今も

昔ながらの直煮製法で作られているのが、野田村の「のだ塩」です。

 

それは、時間がかかります。

とっても、非効率。

 

でも。

薪の火で煮詰めること4日、ゆっくりじっくり煮詰めて作られた塩は

粒が大きくて甘く、味わい深いものにsign03

 

そりゃあ、塩ですから、しょっぱいですよ。

ただ、食べ比べてみると、はっきりとわかります。

しょっぱさとともに訪れる、まろやかさ。深さ。濃厚さ

 

薪をくべるのも、不純物を取り除くのも、塩を取り出すのも…すべて、手作業

丁寧に作られたからこそ丁寧な味がする。

 

そんなのだ塩をぜひ、多くの人に味わっていただきたいですhappy01

 

 

------------------------

 

以上、私からは

「青なんばんみそっこ胡瓜」「のだ塩」をご紹介しました^^

いずれも大体10:30~13:30頃(両日とも)に、試食ができる予定です♪

(時間帯の変更があるかもしれませんが、ご容赦ください)

 

ということで・・・

anecco.試食商品ブログリレーは、ちっちへバトンタッチ♪

田野畑のアレと、大船渡のアレを、全力で紹介してくれることでしょう^^

ちっち、よろしく~!

 

★開催時間が「10:30~16:30」に変更となりました

==============================★anecco.day====

第2回 anecco.day 

日時:3月9日(土)~10日(日) 10:30~16:30

場所:いわて銀河プラザ(東銀座駅徒歩0分)

http://www.iwate-ginpla.net/anecco/2013/02/3910anecco.html#more

※開催時間・内容は変更することがあります。ご了承ください。

=============================================

(はっちclover
« 東京マラソン2013で「奥州はっと」&「大船渡かき小屋」 | メインページ | anecco.day 試食商品 (4) たのはたヨーグルト & 春こあみわかめ »
ページ上部へ

メニュー

  • トップページ
  • 銀河プラザのご案内
  • 特産品売れ筋ランキング
  • 商品紹介
  • ご意見・お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

月別記事一覧