銀プラ応援女子会 anecco.ブログ

ご来店ありがとうございました~ぬくだまる いわてお酒とうつわの手仕事展~

2014年1月21日 00:30

ぬくだまる展
1/16(木)~19(日)の4日間にわたり開催されました、

酔木金土本舗さんの

「ぬくだまる いわてお酒とうつわの手仕事展」

おかげさまで無事に終了いたしました!


皆さま、ご来店・ご声援ありがとうございましたshine

  

 

はじめまして!よっちといいますhappy01

 

今回で3回目となる ぬくだまる展

初めてお手伝いとして参加しました、わたくし、

花巻出身よっち目線でレポートさせていただきますpaper

 

 

まずは主催の 「酔木金土本舗」 さんについて…

「酔」 は清酒、「木」 は木工と漆、「金」 は南部鉄器、「土」 は陶磁器を

あらわしているのだそう!ステキなお名前ですよね~

 

お酒とうつわと料理で提案する、テーブルのうえの、

“ちょっと素敵なふつうの暮らし” をコンセプトに活動されていますshine

 

 

そして、今回のテーマは!

岩手県北の幻の酒器「こぶくら」とお酒

 

 

「こぶくら」とは…

岩手県北の浄法寺地域で、どぶろくを飲むために使われていた漆器です。

漆器産業の衰退とともに作られなくなってしまい幻となっていましたが、

浄法寺の滴生舎さんが日本酒用にと復刻されたのだそうですflair

 

 

さて、まずはお勉強!?初日16(木)の夜に、いわて学講座として、

「知って味わう!岩手の器・漆・地酒を感じる会」が開催されました。

 

nukudamaru_01.JPG

 

漆芸家の町田さん、八幡平の酒造「鷲の尾」の工藤さんを講師にお迎えし、

岩手の漆・漆器、岩手のお酒の今と酒器についてのお話を伺いました。

 

nukudamaru_02.JPG

  

実際に「こぶくら」で、にごり酒を楽しみながらの和やかな会でしたが、

専門的な内容を含む、かなり充実した講座となりました!

 

 

実は、恥ずかしながら…わたくし…

浄法寺塗はかろうじて聞いたことがある程度、

"陶器"と"磁器"すらよく分かっておらず coldsweats02

今回、しっかりと勉強させていただきました!!

 

特に、漆についての知識が全くなかったので目からウロコでeye

 

例えば…

clover 漆は、樹皮を傷つけて採取した樹液だということ

clover 国産漆の半分以上を生産するのが岩手県浄法寺だということ

clover 一度、硬化すると酸やアルカリ、溶剤にも溶けないということ

clover その高い抗菌性や耐久性、軽さなど…

 

とても興味深いお話を聞くことができました!!

 

 

また、日本酒といえば、

やはりおちょこのイメージが強かったので、はじめ、

こぶくらの可愛いながらしっかりした存在感に驚きましたが、

たしかに香りをとるにもぴったりですし、何よりこの形!

不思議と愛着がわいてきますheart04

 

あ、漢字では「小福ら」とも書くようです!

 

 

鷲の尾の工藤さんは、あまりたくさん注がずに、

こぶくらの空間をお酒の香りでいっぱいにしていただくと、

さらにお酒が美味しくいただけますとのことでした happy01 bottle

 

nukudamaru_03.jpg

 

 

それに、他の参加者の皆さんも本当に漆器やお酒に詳しくって!

皆さんにお聞きした訳ではありませんが、やはり、

岩手出身の方が多いもよう、、さすがですflair

 

ちょっと長くなってしまったので、

今日はこの辺りで♪ また♪

 

(よっち) 

« 釜石・小島製菓に吹く さわやかな熱風 | メインページ | 【イベントのおしらせ】市民と企業、そしてNPOとのパートナーシップ東京交流会 »
ページ上部へ

メニュー

  • トップページ
  • 銀河プラザのご案内
  • 特産品売れ筋ランキング
  • 商品紹介
  • ご意見・お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

月別記事一覧