銀プラ応援女子会 anecco.ブログ

おかえりなさい!緑風荘

2016年6月 3日 19:30

 

座敷わらしに会える宿として知られ、2009年に火災で全焼した

二戸市金田一温泉の旅館「緑風荘」

 

5月14日、約6年半ぶりに営業を再開しました。

IMG_di6ecd.jpgのサムネール画像

おめでとうございます

 

 

 

 

緑風荘様と ちょっとしたご縁があり、

ゴールデンウィーク中の「プレオープン」期間に、

anecco.数名でお邪魔しました。

(完成間近のお忙しい時期に、緑風荘さま、

 ありがとうございました)

 

今回は、その様子を、ちょこっとだけ、ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

門をくぐると、お庭の先に、

南部曲がり家風の 建物が見えてきます。

 

わくわくする瞬間です。

IMG_9twrvx.jpg

 

 

店主の 五日市洋さんがお出迎えしてくれました。

旅館内も案内していただきます。

CIMG47300.JPG

(オープン前の写真なので、未完成の部分もありますが、

 ご了承くださいませ)

 

 

 

CIMG4740.JPG

 

扉を開けると、ふわっと新しい木の香りが、鼻をくすぐります。

 

そして、目に飛び込んでくるのが、

木を基調とした、温かく明るいフロントと、

IMG_syglw.jpg

 

フロントの隣のロビー。

 

天井が高く、開放的です。

ずーっと、上を見つめてました。

IMG_-ahxk1f.jpg

 

座布団の中央の穴には、囲炉裏が入る予定だそうです。

CIMG46840.JPG

 

宿泊部屋は10室。

従来より、少し減ったそうですが、「その分、きめ細かいサービスが行える」

とのこと。

 

こちらは私たちの宿泊した 4~5人泊まれる和室。

IMG_-ykhpn1.jpg

他にも、ベッドのある洋室等のお部屋があります。

 

 

窓が広いお風呂。

IMG_uv2fo5.jpg

 

泉質は、無色透明の単純温泉で、少~しとろみがあります。

湯上りは、化粧水をつけたあとのように、肌がしっとり。

女性にオススメのお湯でした。

 

 

 

お料理は「地元の食材を使いたい!」と

二戸の佐助豚のしゃぶしゃぶや、山菜の天ぷらなど

 

CIMG4695.JPG

 

 

私たちが一番、気に入ったのは「お米」。

二戸産の「きらほ」という品種で、

もっちもちの粘り気がありました。

DSC_0558.JPG

CIMG4712.JPG

 

 

 

最後になりましたが、

(もったいぶっていた訳ではありませんが)

 

座敷わらしの出るお部屋

「槐の間(えんじゅのま)」の現在は、、、というと

 

CIMG4717.JPG

 

IMG_irpb8w.jpg

宿泊者の共有スペースとなり、再建しています。

現在、この部屋の宿泊はできないそうです。

CIMG4674.JPG

 

槐の間で、座敷わらしに会えなかったら、わらしのお宅訪問。

 

旅館の敷地内に、座敷わらしのお家である

「亀麿神社」があります。

 

2009年の火災の際、建物は全焼したのに、

この神社だけは、無傷で残りました。

IMG_-34i0jm.jpg

 

こっちにいるかな?

IMG_-d847h4.jpg

 

 

館内を案内してくれた、

五日市洋さんと、お話。

 

オープン間近で、本当にお忙しくされていて、

少しお疲れのようでしたが、

「こうしてオープンを迎えることができ、ほっとしています。」と、

優しい表情でした。

 

 

2009年の火災は、建物が全焼する大きな被害でしたが、

五日市さんは、とても前向きで

 

「かなり古い建物であり、2011年の震災には

 きっと耐えられなかったと思います。

その前に火災があったのは、幸いだったのかもしれないし、

わかりません。

ただ、火災は、人的被害がなかったのが、本当に奇跡で、

座敷わらしに守ってもらいました。

皆さんに喜んでもらえる宿になるよう、新たに頑張りたいと思います。」

と、お話くださいました。

 

まだまだ、やりたいことがたくさんあるそうで、

緑風荘は未完成!

 

露天風呂をつけたり、共有スペースを増やしたり、

計画途中で、完成に終わりはないそうです。

(二戸のサクラダファミリアか!)

 

 

そして、五日市さんの人柄もあり、現在、お宿は盛況。

8月まで、土日の宿泊は埋まってしまっているそうです。スゴイ!

宿泊を考えている皆様は、平日が狙い目。

又は、もうすぐ受付スタートする秋以降の宿泊を狙って下さい。

 

 

最後に、座敷わらしに会うポイントも教えてもらいました♪

 

「座敷わらしは、『人に出る』と言われています。

だから、宿泊したら、とにかくリラックスして楽しんでください。

そうしたら、一緒に遊びたくて出てきますよ。」

 

 

IMG_xz7hwz.jpg

 

 

 

そうそう、私が座敷わらしに会えたかどうか、なんですが、

実はね、会えた気がするんですよ。

 

暗い部屋で携帯カメラのムービー回してみたり、

槐の間をパシャパシャ撮影しまくったり、

 

あの手この手で、欲丸出しでいるときは、

一度も会えなかったのに。

 

 

もう、そっとしておいてあげよう、おやすみ。と、

気持ちを手放した時に

 

 

お風呂場で。

 

 

誰もいない場所の洗面台の桶が、

カターンと音を立てて、落ちたのです。

 

桶のバランスが悪かっただけかも しれないですが。

 

私は裸で無防備なわけで、カメラも持っていないし、

何の検証もできないのですが。

 

何か、クスクス笑われているようで、ちょっとおかしかった。

 

 

人生って、こんなもんです。

執着している時は、何も動かないのに、

そっと手放した時に、突然、幸せがやってきたり。

 

でも、手放すってのは、あきらめるってことではなく、

迷いを捨てて、そっと心に留めておくことなのかもしれません。

 

そんなわけで、今日も私は、

欲はなく けっして怒らず いつも ゆる~く 生きています。

 

 

(はせっち★)

« anecco.ピクニックに、なかりんも参加するってよ。 | メインページ | anecco.ピクニック参加いただき、ありがとうございました »
ページ上部へ

メニュー

  • トップページ
  • 銀河プラザのご案内
  • 特産品売れ筋ランキング
  • 商品紹介
  • ご意見・お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

月別記事一覧