鉄瓶 他てつびん ほか

メーカー名:水沢鋳物

南部鉄器は、17世紀中頃に、時の南部藩主が盛岡城を築城の際、京都から釜師を呼び、領内で豊富に採れる木炭や砂鉄を使って釜を作らせたのが始まりと言われています。昭和50年には伝統工芸品の全国第1号の指定も受け、350年たった今日まで揺るぎない地位を築いてきました。一品毎に、入念な製作工程で造り出され、「南部鉄器に金気なし」と言われる独特なサビ止め、世代を超える耐久性、優れた保温性、鉄分の溶出・・・等、品質は定評のあるところです。現在、盛岡地区と水沢地区に伝統工芸師がおり、日本の伝統美を受け継いでいます。
※店内には様々な大きさや形をした鉄瓶を展示しております。実際にお手を触れて伝統の技をお確かめ下さい。

メーカーサイトのご案内

素材にこだわった産直品を多数取り揃えております。
岩手のグルメ、工芸品を全国へお届けいたします。

ネットショップはこちら